×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

top枠左top枠左上1top枠左2 top枠左上2top枠左3top枠右上 top枠右

筋肉を伸ばしていく

肩のストレッチ

top枠左下1top枠左下2top枠右下
joint
mid枠左
肩を上げ下げする体操
首の付け根を解していく
肩を反対側に引っ張る
肩全体をストレッチ
腕を掴み引っ張る
上腕周辺のストレッチ
上腕全体を回す
肩全体を動かし血行促進
腕を頭の後ろに引っ張る
腕から脇腹周辺を伸ばす
上に向かって水かきする
背中中心に力を加えていく
h2枠左 h2枠上h2枠右

肩こり解消にストレッチ

h2枠下

肩こりの原因については様々ありますが、中でも仕事によるデスクワークや軽作業を同じ姿勢で続けることなど、生活する上で肩がこる 状態が避けられない方も多いかと思います。


仕事などで、同じ部分の筋肉を使い続け緊張させ続けることで血行が悪くなり肩こりがおこります。また、「細かいことをあれこれ考えると肩がこる」と言われるように、悩み・ストレスが首や肩周辺を緊張させ、肩こりとして現れます。


肩こりを根本的に排除することは困難ですが、自分なりに肩が緊張している状態をよく知り、早めに手を打つことで肩こりの症状を軽減することができます。


緊張した肩を元の状態へと戻すには、堅くなってしまった筋肉をマッサージや指圧により解していく方法や、ストレッチで伸ばしていく事が効果的です。
当サイトでは、肩こり解消に効果のある肩 ストレッチを中心に触れていきます。

上腕周りの筋肉を伸ばす
腕をあらゆる方向に伸ばす
肩を地面に押し出す
背中から脇腹周辺をストレッチ
首を横に倒していく
首周辺の緊張を解す
肩全体を後方へ押出す
背中に力を加えて血行促進
両手を大きく突き出す
僧帽筋を伸ばしていく

mid枠右
joint
肩、背中 つぼ押し手、腕 つぼ押し肩こり 血流 肩こり マットレス肩こり 漢方薬当サイトについて
mid枠左

h2枠左 h2枠上h2枠右

肩こりと運動、筋肉の緊張とストレス

h2枠下
 まず、肩こりがなぜ起こるのかを知ることから始めましょう。


人は頭を支えるために首周りの多くの筋肉が支えています。そして重い腕を支え、細かな作業ができるように上腕から肩胛骨周辺にかけて いくつもの筋肉が重なって、力を入れたり休んだりを繰り返しています。


この肩周辺の筋肉が適度に運動し、適度に休息することで正常に機能しますが。私たちの偏った姿勢(猫背、なで肩、悪い姿勢)によって、または一部の筋肉のみ過重労働(一日中前屈みで作業している。パソコンの前でマウスを動かし続ける。長時間の運転で目を酷使する) などが繰り返されると肩の筋肉が緊張した状態となります。


筋肉の使いすぎで筋肉が緊張してしまうことと、もう一つ緊張させてしまう理由としてストレスがあります。 誰でも自分の仕事について責任が問われており、その重圧は少なからず肩の筋肉を緊張させます。

また、仕事、プライベート問わず人間関係を円滑に保つ事も社会人として重要であり、どうしても合わない性格の方はどこにでもいるものです。

このようにストレスを感じる要素は多く、自分の仕事面の環境やプライベートの生活環境から肩の緊張に直結する要素を排除できないか考えてみましょう。

肩周辺の筋肉の緊張は、筋肉に流れ込む血流を減少させてしまい、十分な栄養分と酸素が供給できなくなります。


十分な酸素がない状態で筋肉が動き続けると疲れの原因となる疲労物質(乳酸)が溜まってしまい、この疲労物質が溜まった状態の 時に、違和感や痛みの感覚が伴います。この感覚を肩こりと言います。


簡単に言うと、肩の筋肉を使いすぎて汚れが溜まりオーバーヒートの状態が肩こり。

マッサージやストレッチで血流のポンプを修理して、汚れを流していくことで、肩こり解消ということです。


mid枠右
mid枠左
h2枠左 h2枠上h2枠右

肩こりの多い日本人

h2枠下

肩こりは、本人の感覚によるところが多く、「すごく肩がこる」と言う人より「肩こりは今まで経験がない」と言う人の肩が、緊張で堅くなっていることもあります。


外国では、「肩こり」として区別しない”呼び名がない”国もあることから生真面目で仕事熱心でストレス社会の日本らしい言葉となります。

仕事などの関係から毎日の生活習慣を「肩こりのない生活」にシフトする事は難しいと思いますが、少しでも肩こりの症状を軽減できるように毎日の行動について考えていきしょう。

肩こりをストレッチで解消することは、とても簡単で、費用もかけずにすぐに出来ますが、少しの休憩時間を職場の同僚や上司に理解してもらうことが大事です。


力を入れて筋肉に血流量を増やすような体操も肩こり解消効果が期待できますので、肩ストレッチと同様に紹介しています。 自分の肩こりに有効なストレッチ解消法や体操を取り入れて、肩こりを改善していきましょう。

h2枠左 h2枠上h2枠右

ビタミンBを摂取して肩こり改善

h2枠下

ビタミンBは新陳代謝を活発にする働きがあります。肩こりの原因となる血行不良を改善する効果があります。豚肉、牛肉、レバー、大豆、玄米などに多く含まれており、だるさや肉体疲労の改善を目的とされるサプリメントの主成分となります。


ビタミンBは水溶性であり、過剰摂取しても体外へ排出されますので毎日摂取することを心がけましょう。ビタミンBが不足すると、肌荒れ(口内炎、湿疹)や免疫力低下など様々な症状が知られています。



mid枠右
肩こり 解消 運動腕 ストレッチ肩こり 腕の痛み重度の肩こりの体操肩こり 背中の痛み首、肩、背中の痛み僧帽筋 肩こり僧帽筋 痛み こり肩こり 首痛肩甲骨 内側 痛み肩こり 背中の痛み肩の上げ下げストレッチ腕と肩(肩甲骨)を伸ばすストレッチ腕ストレッチの効果 | 肩、背中の痛み肩を回す 血行促進体操 | 肩こり予防法腕、肩、背中、腰のストレッチ背中、肩甲骨を動かす肩、腕を前後左右にストレッチする肩、背中、腰 | 肩こり腰痛ストレッチ肩こり 首の痛み 頭痛肩甲骨の下 痛み背中 こり ストレッチ | 肩こりと背中のこり肩、背中 つぼ押し手、腕 つぼ押し | 頭痛、疲れ目肩こり 血流肩こり マットレス肩こり 漢方薬




肩こりストレッチ解消法 | | | |

”肩こりストレッチ解消法”は、健康と肩こりをテーマとした情報発信サイト。